2013/10/14

2020コミケ招致

2020年夏季五輪の開催地が東京に決定したことで、#2020コミケ招致というのが話題になっているらしい。
そこで、各都道府県で最大の屋内展示会場を、勝手に格付けしてみることにした。

続きを読む "2020コミケ招致"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/03

社会体制のトリレンマ

経済学も法律学も専門で勉強したこともないのに、いつのまにか「リフレ派」(の中でもかなり異端だとは思うが…)になってしまってる私だが、どうも反「リフレ派」の価値観というか世界観らしきものが見えてきたのでそれをまとめてみることにした。

題して「社会体制のトリレンマ」。

続きを読む "社会体制のトリレンマ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/29

「留保のない生の肯定」の前に、「留保のない『人間』の肯定」を(続き)

前回の続き。

http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20100521/p1などにみられる、「人間性」を「理性」にのみ見いだし「理性」なき者は人間ではないというあまりにも主知主義すぎる考え方を、Kagami氏は

「まおゆう」はそういうRPGの良きところが全部、「自己責任論ネオリベ経済学」を語るために利用されるだけの道具に貶められていて、僕は、この話には乗れないなあと思いましたね…。強烈にネオリベラル経済学をプッシュする物語なので、ネオリベが大歓喜しているのも、いやになっちゃうなあと…。下記とかネ オリベの人が如何にこの物語を支持しているか分かりやすいですね。
困っている人を冷酷に見捨てることを経済学を持ち出してひたすら正当化する理屈の羅列で、心底うんざりするとしか…。まおゆうはひたすら上記のような話、人々の冷酷な振る舞いをトンデモ経済学で正当化することで慰撫する話の連続なので、上記のような理屈に魅力を感じない僕のような人々は読む必要はないと思 います。トンデモネオリベ経済論を使って、ひたすら社会的ダーウィニズムの有用性を述べ立てている物語と言っても差し支えありません。
まおゆうやまおゆうシンパと、ヒトラーやナチスシンパの言っていることは、大体において、そっくりそのまま(選民思想・優生学思想・社会的ダーウィニズム・普遍的人権に対する嫌悪、弱肉強食肯定etc)なのが、なんとも…。まおゆう好きが「我が闘争」を読んだら大喜びするであろうことを思うと、がっくりきますね…。

と、ネオリベ的社会ダーウィニズムであると批判している。だが、「理性」ある「大人」だけが「人間」であり、「理性」を持つことが叶わない障害者は一生「子供」と同じで保護されるのみの存在であるという考え方は、何もネオリベやネトウヨだけのものではない。

続きを読む "「留保のない生の肯定」の前に、「留保のない『人間』の肯定」を(続き)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/26

「留保のない生の肯定」の前に、「留保のない『人間』の肯定」を

最近話題の「まおゆう」について。

まあ単に経済学っぽいファンタジー小説と言うならこっちのほうが面白い(ストーリーそのままで文体変えたらおっさん向けの仮想戦記として通用するんじゃないか)と思うんだが。

それはともかく、「まおゆう」に対するあまりにもひどい評論を見かけたので、コメントするのを抑えられなかった。

続きを読む "「留保のない生の肯定」の前に、「留保のない『人間』の肯定」を"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010/03/20

日本で十全な権利を持つ「成人」になれる年齢は20歳ではない。

衆議院・地方議員や市町村長の被選挙権は25歳、参議院議員や都道府県知事の被選挙権は30歳にならないと得られない。
選挙権の得られる年齢をを20歳から18歳に引き下げよう、それ以外にも18歳で成人とし酒・煙草等を解禁しようという動きがあるが、その前に被選挙権年齢から引き下げるほうが先じゃないだろうか。
米国みたいに高校生で市長になれるとすれば、若者の政治への無関心がちょっとはマシになるんじゃないかと思う。学生ベンチャーを起業すること同様に、「政治」という事業に在学中から飛び込んでいってこの社会について学ぶことはとても有益なことじゃないだろうか?

続きを読む "日本で十全な権利を持つ「成人」になれる年齢は20歳ではない。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/08/22

全方向に誹謗中傷を繰り返すが。

結局20年前にピーピー言ってたのも当時からラリってただけということが確定な状況ですが…。

まあ、大麻ならタバコと同程度の害や依存性というのだから、それだけで国の借金全部返せるくらいの重税かけたうえでオランダのように合法化するというのもアリなのかもしれないが、覚醒剤だけは絶対に許されないだろう。一生芸能界に帰ってくるな、最低でも薬が抜けるまで5~10年単位で出てきてはいけない、世界に見放されたヤク中とか、シャブ漬けまでのフルコースみたいにすぐに帰ってくるなんて二度と繰り返してはいけないと思いますね。

続きを読む "全方向に誹謗中傷を繰り返すが。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/14

あらゆる嗜好は平等である。あらゆる表現は平等である。

http://d.hatena.ne.jp/ymScott/20090510/1241949759#c1241966782とかhttp://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20090529/1243539743#c1243688677http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20090604/1244099132#c1244320734で暴れているが、あまりにもひどいものを見つけたので書くことを抑えられなくなった。

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20090610/p1
http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20090611/p1
http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20090611/p2

この世に、「存在意義のない」、「存在を許されない」ものなんてあるわけがないだろう。少なくとも、「死刑反対論者」(http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20080424/p1)が主張していいものだとは思えない。

続きを読む "あらゆる嗜好は平等である。あらゆる表現は平等である。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/19

それは「報道」へのフリーライドじゃないのか?

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090416

マスコミが自ら公正・公平の看板叩き割って「偏ってるに決まってるだろ」と叫べば色々と解決しそう

お言葉を返すようで恐縮なのですが、それは非現実的だしやるべきでもない。

確かに、メディアから公正・公平の建前を取り払ったら、ただの「欲望処理産業」(『他人の不幸は蜜の味』というのはどうも脳科学的にも証明されてきているらしい)なんですから、よくてタバコ産業か公営ギャンブル程度の存在意義になりますよね。

ただ、現代においてそれを実現しようとするにはあまりにも問題が多すぎるんですよ。

続きを読む "それは「報道」へのフリーライドじゃないのか?"

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2009/03/15

HALTAN氏へのお返事

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090313/p1
http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090315/p1
http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090316/p1
私のぶしつけなエントリに反応していただいてありがとうございます。

そもそも、HALTAN氏は「当の自分はゲーテッド・コミュニティに閉じこもりながら他人には多文化共生を言う文化人」を批判していますが、そこで彼らにゲートから出てきて共生のコストを払えというのではなく「多文化共生に人々は耐えられないから移民の導入は控えよ」と、どちらかというと日本全体のゲートを閉じる方向の意見なんですよね?
私もそこは同じような意見で、たとえばhttp://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20071003/p1などで言われているように、そもそも現代の先進国の大都市の「多様性」、「複雑さ」に耐えられる人は限られているのではないかと考えているんですよ。で、移民入れるどころか13,000万人でも大きすぎるから、「小さな政府」ではなく社会そのものを小さく分けてしまおうと。

続きを読む "HALTAN氏へのお返事"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/03/12

HALTAN氏への質問

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090216/p2
http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20090311/p1
相変わらずHALTAN氏は日本のみならず欧州社会もクサしているようですが…。

ところで、HALTAN氏はEUは今後どうすべきだとお考えですか?

  1. 解体すべき。ユーロなんてもってのほか、各国ごとに通貨を戻してそれぞれの国ごとに金融政策がとれるようにするべき。
  2. もっとブリュッセルへの中央集権を進めるべき。英国のようにユーロに入らない国があるなんてもってのほか、市場・通貨の統合だけでなく国間の財政移転ももっと拡大すべき。
  3. 週35時間労働に代表される過剰な労働者保護や、エリート主義的階級社会(その中での非キリスト教社会からの移民の扱い)等EUやユーロ以前の問題。

続きを読む "HALTAN氏への質問"

| | コメント (0) | トラックバック (2)