« 社会体制のトリレンマ | トップページ | 2020コミケ招致 »

2013/01/13

「まおゆう」再論

前々回前回の続き。

http://twitter.com/crowserpent/status/289708028754804736で取り上げられたこともあり、久しぶりに「まおゆう」を読み返してみたのだが…

何か違和感を感じる。
無論小説である以上、物語に都合の良い展開になっている、そのために現実には重要性を持つ部分の描写が削られているのは当然のことなのだが、それにしても重要な部分の描写が全くされていないように感じられるのだ。

それは「宗教」の部分、より正確に言えば各宗派の教義の部分だ。

あの世界では、人間界のほぼ全体を「聖光会」が支配していて(おそらくカトリック教会がモデル)、その中の一教会だった「湖畔修道会」が勇者側につき、魔王よりもたらされた農業改良や種痘と言った技術によって「聖公会」と肩を並べる二大宗派へと成長していくのだが(おそらくこちらはプロテスタント諸宗派がモデル)、その2つの教義の違いが全く見えてこないのだ。
もちろん「まおゆう」という小説は、もともと戯曲形式で書かれ、「勇者」「魔王」のように登場人物も固有名詞ではなく役割で記されており、またそれらの台詞においてもその役割を越えた個々人の個性、内心を極力出さず読者の想像に任せようという書き方がされているので、その延長としてそうしている、あるいは実在した宗教のイメージがつかないようにわざとぼやかしているのかもしれないが、それにしても…なのだ。
この書き方だと、「湖畔修道会」が「聖光会」より多数の信者を奪い、二大宗派の一翼となるまで成長したのは単に経済的・技術的側面(及び勇者等のパイプを通じて南部連合諸国の国教として認められたという政治的側面)のみによるものであって、教義、信者に対する精神的な救いの部分には差などなかった、あるいはそんなもの関係なかったということになるのだが、本当にそれは成り立つのだろうか?

マックス・ウェーバーが「プロテスタンティズムと資本主義の倫理」でプロテスタント、中でもカルヴァニズムの予定説により、禁欲的、かつ勤勉に職業に励み、蓄財することこそが神による救済の証であるという教義を内面化した者が多く現れたことがブルジョア階級、資本主義の発達を促したと喝破した(ニクソンショックによって金本位制・固定相場制というブレトンウッズ体制が崩壊し変動相場制を基軸とした管理通貨制度へ移行したことで、経済の発展には貯蓄=資本蓄積よりも消費=カネの流動性こそが重要になる「現代」の経済学へ移行し、また世界経済の中心もプロテスタント国から非キリスト教圏へと移動しつつあるという話もあるが、それはまた別の機会に)ように、宗教的インセンティブなく経済的なインセンティブのみで近代化することが可能なのだろうか?

普段は唯物論的に考えることが多い私だが、この点に関してだけはどうしても気になるのだ。
実際に、「日本は他国に比べて『資本主義』、あるいは『民主主義』の度合で劣っている」という意見をよく聞くのだが、よくよく聞くとその比較対象となっているのは米英仏独カナダ北欧ベネルクスというプロテスタント国だけ(フランスはカトリックだというかもしれないがあそこはナントの勅令で一旦はプロテスタントの権利が認められたものの1世紀持たずに再カトリック化して、その反動でフランス革命起こった国)であり、またギリシャの財政破綻に端を発しスペイン・イタリアと現在進行中のEUの崩壊過程を見るにつけても、やはり「近代」資本主義は「勤勉」「禁欲」を内面化した「市民階級」のいるプロテスタント国でしか成り立つものではないとしか思えないからだ。(日本の高度成長、というよりニクソンショックからバブル崩壊までの間に成し遂げた「一億総中流」あるいは中国・インドをはじめとする非キリスト教圏諸国の経済成長を見れば、「現代」の新たな資本主義(おそらくそれは「開発独裁」といったレベルですらなく、そもそも「民主主義」を必要としない可能性が高い)が米英等プロテスタント国を含めて21世紀の世界を覆いつつある、と考えることもできるのだが)帰納的に考えて。

「まおゆう」での書き方だと、技術の発達、経済的インセンティブのみによって「近代化」したように思えるのだが、実際にはそれは成り立たないのではないだろうか?むしろ「湖畔修道会」が、プロテスタント諸宗派のようにいかにして「近代」に適合する教義を創り上げていったのかという側面がもっと詳細に描写されなければならなかったのではないだろうか?
もっとも、「近代」においては「湖畔修道会」「聖光会」ひっくるめて「教会」、宗教自体が脇役に過ぎず、メイド姉に代表される「啓蒙『思想』」にとってかわられたという理解なのかもしれないが…

|

« 社会体制のトリレンマ | トップページ | 2020コミケ招致 »

コメント

そうですか?

なるほど、はい、わかりました。

http://openwiki.atspace.eu/index.php

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/loser/1302280347/

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/manifesto/1340646511/

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1341109957/

投稿: 山本桜子 | 2013/03/14 00:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まおゆう」再論:

« 社会体制のトリレンマ | トップページ | 2020コミケ招致 »