« (八戸→鮫→久慈→宮古→釜石、移動距離195km) | トップページ | (釜石→盛→大船渡→陸前高田→気仙沼→前谷地→石巻、移動距離220km) »

2005/09/10

選挙直前!

さて、いよいよ選挙である。
公示前には、自民党が分裂するので漁夫の利で民主党が政権をとるのではないかといわれていたが、
フタを開けてみたら小泉の圧勝、というより民主党の自滅になるのではないかという分析が主流である。
いかにイオンがマスコミの大スポンサーでも、民意には勝てないようだ。

そのもっとも大きな原因は、やはり岡田代表にあることに間違いないだろう。
今、小沢一郎の本拠地岩手県に来ているのだが、こちらでは岡田代表のポスターよりも、小沢のポスターが(小沢の選挙区でなくても)多い。
そこにあるキャッチフレーズは、「このままでは、日本はあぶない。」というものだ。
なるほど、やはりさまになっている。小泉政権ではダメだという思いが伝わってくる。
しかし、このコピーはそのまま小泉でも使える。「このまま」というのを、郵政が今のままという意味にとればいいからだ。
福島瑞穂に使ってもそれなりにサマになるだろう。社民党の主張では、まさに9条改正=「あぶない」になる。
しかし、ここに岡田代表の顔を入れると…「岡田政権では、日本はあぶない」としか思えなくなってくる。
岡田代表には、どうしてもそういう印象が付きまとう。
政治家として、少なくとも党幹部クラスまで出世した人には、みな「一国一城の主」としてのオーラがある。
小泉も亀井も綿貫もそうだし、菅も志位も土井たか子もそうだ。
『そうはいかんざき!』ですら、少なくともサラリーマン社長程度の迫力はある。
しかし、岡田の顔を見ると、もともと通産官僚だったからだろうか少なくとも組織のリーダーであるようには見えない。
では中間管理職的か?学者肌か?それとも違うように見える。
日本最大の小売業の創業者(厳密には何代も続く呉服屋だったが、この業態でここまで大きくしたのは実質創業者だろう)の2世にはとても見えない。
そのせいで、民主党も左右両方から叩かれているように感じる。

右のほうからは、「民主党は日本を中国に売り渡そうとしている」といわれている。
これは、やはり民主党自体が菅氏・横路氏をはじめ旧社会党や市民運動系の人間を多く抱え込んでいることから出てきたのであろう。
実際は西村真悟のような、旧自由党系の極右だってかなり多く、自民党の小泉派と造反議員なんてものじゃないくらい思想に差があるのだが…
これに対し、民主党側は現在の郵政民営化案を、「350兆円をアメリカに売り渡すようなものだ」と、むしろ小泉こそ売国奴だと主張する。
これがどちらもその通りだとすれば、政権選択=アメリカの植民地のままでいるのか
それとも中国の属国になるのかという選択ということになる。
結局資源も国土も人口もなにもかもある2大国には(欧州のように連合を組んですら)かなわないという現実を突きつけられるだけというなら、
そりゃ「小林よしのり的なネット反米右翼」も増えるわな(笑)

ならば、旧社会党のような反米や左翼の支持に値するかというと…
それも少なくとも岡田ではおぼつかない。
岡田自身の思想は師匠の小沢に近く、どちらかというとアメリカ的な「小さな政府」型だ。
つまり、今民主党が自民党同様に「改革します」「公務員削減で小さな政府」といってるのは、単にサラリーマン層に媚びて言ってるのではなく、
少なくとも現在の指導者層=岡田&小沢にとってはホンネである。
しかも、彼は日本でもっともウォルマート的な経営をしているといわれる企業の経営者一族である。綿貫なんてものじゃない。
そして、この企業こそ、ダイエーより、7&iよりも、地方の中小企業、ひいては地域社会を壊滅させている企業である。
もし岡田・小沢政権ができたなら、間違いなく小泉以上にラディカルに、地方切り捨て、弱者切り捨ての方向の改革を実行するに違いない。
郵政民営化反対派のなかには、ホリエモンが当選したら郵貯がライブドアになるなんていう人もいるが、
それをいうなら岡田政権になったら郵便局がミニストップ(イオン系)になると言い返されてもいいはずだ。
自民党は郵政法案の是非だけを争点にしようとしているのでこの点を突いていないが、
もしこの「党首の資質」(まさに「ファミリー企業」との癒着を含めて)を争点にしたなら一発で民主党の惨敗が決まるだろう。
どうして労組系や左翼系の人が彼の元に結集できるのか理解に苦しむ。(単に他に行き場がないからだろうが)
しかし、小沢ならば本来それに反対になるはずの彼らをだまくらかして味方につけられる力もあるが、岡田ではその力もない。
今は政権交代を実現させるため(あるいは菅氏他左翼系の発言力がスキャンダル等で失われているため)岡田・小沢が全権を掌握しており、
弱者切り捨て的な改革をマニフェストとして出しても表立った反抗はないが、
この選挙で惨敗すればちょっと前の自民党以上の内紛が起こるに違いない。
ならば、民主党は、岡田・小沢はどうするべきだったのか。
やはり、これだけ思想的にばらばらの人々が同じ政党にいることに無理があったのだと言わざるを得ない。
民主党の中で、小泉同様に小さな政府を目指す考えを持っている人々は、岡田・小沢とともに離党し、自民党に入る(連立する)べきだったのではないだろうか。
それと同時に、菅氏や旧社会党系など、福祉や「弱者」保護が優先で
どちらかと言えば大きな政府を目指す人たちが、自民党内の同様な考え(地方を守る)の人々や、
現在国民新党や新党日本・新党大地にいる人々、郵政民営化反対の造反議員、
そして元々「福祉の政党」であるはずの公明党、さらにできるなら社民党・共産党もとりこんで、
小泉・小沢・岡田に対抗するグループを作るべきであったと考える。
(実際には公明党と共産党が組むなど小泉が郵政民営化を捨てる以上にありえないが)
これで、アメリカの共和党・民主党、あるいはイギリスの保守党・労働党のような、明確な争点を持った大政党制ができる。
今の世論の情勢からいけば、公明党・共産党の組織票を足しても「大きな政府」党は200議席取れれば上出来だろうが。


しかし、もしこの選挙後小沢・岡田ら旧自由党系の議員が民主党を割り、小泉と連立政権を組んだ(それによって郵政法案が成立できるようになった)としても、
小沢はともかく岡田は重要閣僚にはなれないだろう。どうしてもその器はないとしかいえない。

|

« (八戸→鮫→久慈→宮古→釜石、移動距離195km) | トップページ | (釜石→盛→大船渡→陸前高田→気仙沼→前谷地→石巻、移動距離220km) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙直前!:

« (八戸→鮫→久慈→宮古→釜石、移動距離195km) | トップページ | (釜石→盛→大船渡→陸前高田→気仙沼→前谷地→石巻、移動距離220km) »